このエントリーをはてなブックマークに追加

ジウィピーク

「犬と猫の生理に適した、100%天然素材の生肉から生まれたドッグフード、キャットフード 」

※メーカー公式サイトより

製造元
日本総輸入元/販売元
レッドハート株式会社

http://ziwipeak-jp.com/

原産国
ニュージーランド

ブランド・製品説明

ジウィピークの製品コンセプトは非常にわかりやすく、「天然の生肉、内臓、魚介類にほとんど手を加えていない」と言う所にあります。
ゆっくり時間をかけて作るエアドライ製法は、生肉と内臓の水分を除去して、お肉90% のドライフードを作り上げます。
生肉の栄養価値をできる限りそのままに、食べやすい形に加工。
砂糖、塩、グリセリン、抗生物質、ホルモン剤、保存料、着色料、増量剤、穀物、イモ類など一切不使用
ニュージーランドの豊かな牧草地で飼育されたものか、ニュージーランドのきれいな海で獲れたもので作られた、完全な自然派ナチュラルフードです。

ブランドの特徴

■動物性の肉を90%以上使用しているため、消化率は95%以上

肉類を90%以上使用しているため、消化率は95%以上で、ほとんどの生肉の栄養を吸収することができます。その結果、便の量は少なくなります。
したがって、与える量は一般のドライフードに比べると非常に少なくなります。パッケージ記載の「与える量の目安」をご参考に、与え過ぎないように注意してください。

■穀類、豆類、芋類不使用

アレルギーの原因になりやすく、犬猫の消化システムに適していない穀類、豆類、芋類、増量剤は使用していません。食べたもののほとんどが消化吸収されるため、便の量は少なくなります。したがって、与える量は一般のドッグフードに比べると非常に少なくなります。
パッケージ記載の「与える量の目安」をご参考に、与え過ぎないように注意してください。

■エアドライ製法で生肉の栄養をそのまま凝縮

低温でゆっくり乾燥させるエアドライ製法は、生肉の栄養素や酵素をできるだけ損なわずに栄養をそのまま凝縮します。
そのため、生肉の3倍量を摂取したことになります。
非常に栄養価の高い配合のため、与える量は一般のドライフードに比べると非常に少なくなります。
パッケージ記載の「与える量の目安」をご参考に、与え過ぎないように注意してください。

■消化率が極めて高いため、一般のペットフードと比べて給与量が少なくなります。

基本的には肉食動物の犬猫が、野生の狩猟で食していた動物性タンパク質を90%以上使用し、犬猫の生理に適した配合になっています。
そのため、極めて消化率が高く、少量で十分な栄養を取ることができます。
したがって、与える量は一般のドッグフードに比べると非常に少なくなります。
パッケージ記載の「与える量の目安」をご参考に、与え過ぎないように注意してください。

コストパフォーマンス

1日あたりの給与コストは、とても割高です。

※給与コストは製品の種類、ワンちゃんの体調、与える量によって異なります

ジウィピーク徹底比較

このジウィピークを語るのに、まずはどうしても気になる所が、

「値段」!です。

1kg5246円!ロイヤルカナンなどと比較してみると、1kg1195円。4倍~5倍の価格差があります。

なぜ、こんな高いのか!?すごく興味があるので、

評判ドッグフード比較としてメーカーに突撃取材を入れてきました。

その答えは、

・エアドライ製法は大量生産出来ない
・原材料を厳選している事

この2点です。まず、エアドライ製法とは何か?

その名の通り、低温で乾燥させる方法です。

ジウィピークの製造方法は特殊で、通常のドライフードの場合180度~240度前後で高温で加熱をかけ水分を一気に飛ばすのに対し、

低温でじっくり時間をかけて乾燥させます。長時間の乾燥が必要な為、大量に作りたくても乾燥させる場所が必要で大量生産が出来ないという理由があります。

2つ目が素材です。

材料の90%と表記されておりほとんどが生肉に相当する材料です。

コストが一番かかる所です。通常のドッグフードは肉類の他に様々な材料を使い、バランスを整えています。

ジウィピークは穀類や炭水化物など、一切使用せず。

肉、緑イ貝、ケルプ(海藻類)など、動物に良いとする自然の食材をふんだんに使っている事が値段に反映されているようです。
値段ばかりが目につくジウィピークですが、ナチュラルフードとしての完成度は高く

オススメできる商品である事は間違いなさそうです。

犬猫は本来肉食動物である。という所を突き詰めていくと、ジウィピークのような形にたどり着くのではないでしょうか。

ここまで「値段が高い」と書いてきましたが、

実際の所どうなのか。比較してみました。

5kgのワンちゃんの場合、ジウィピークの給餌量は67gと表記されています。

ロイヤルカナンの場合、110g(ミニインドア アダルトで比較)

比べてみると約半分の量です。

これは、ジウィピークのグラム当たりのカロリーが相当高く、与える量は半分でまかなえる事になります。

ここから1日あたりのコストを比較すると

ジウィピーク 449円/1日

ロイヤルカナン 126円/1日

と、3倍強程度になります。

どうでしょう?少しお得感が出たでしょうか?

無添加、ナチュラルフードや生食に対する注目の高まる中、ジウィピークはこれから伸びてくるのではないでしょうか。

一度お試ししてみるのも良いかもしれません。

ジウィピーク成犬用フード

ジウィピーク ZiwiPeak デイリードッグ・パウチ ベニソン

実売価格

6,745円
(1kg)

原産国

ニュージーランド

保証分析値/栄養添加物

粗タンパク質・・・34.0% 以上
粗脂肪分・・・26.0% 以上
粗繊維質・・・1.6% 以下
水分・・・15.0% 以下
灰分・・・8.0% 以下

原材料
肉類90% 以上( ベニソン、ベニソンレバー、ベニソントライプ、ベニソンハート、ベニソンキドニー)、魚介類( 緑イ貝)、レシチン( 大豆由来)、油脂類( 魚油/ ホキ由来)、食物繊維( イヌリン/ チコリー由来)、藻類( 乾燥ケルプ)、野菜類( パセリ)、ビタミン類( ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1/ 硝酸チアミン、ビタミンB2/ リボフラビン、ビタミンB5/d- パントテン酸カルシウム、ビタミンM/ 葉酸、ビタミンB12、ビタミンB1/ 塩酸チアミン)、ミネラル類( 鉄アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜鉛アミノ酸複合体、セレン酵母、炭酸水素カリウム、炭酸カルシウム)、酸化防止剤( ミックストコフェロール)

給与量/1日

体重 1kg 3kg 5kg 10kg 15kg
給与量 20g 45g 67g 112g 151g
体重 20kg 25kg 30kg 40kg 50kg
給与量 188g 222g 255g 316g 374g

コスト

449/1

体重5kg 1日あたりの給与量が67gの場合

ジウィピーク ドックフード利用者レビュー

ご利用された方から送られた、商品レビューです。

※個人的な感想のため、個体差があります。

リオンさん50代 / 女性 / 東京都

ジウピーク デイリードッグ・缶 トライプ・ラム&ベニソン

以前、怪我をしたときに療養食フードに混ぜて与えていました。
犬にはやっぱり肉が体に合うのか、怪我も予定よりかなり早く治りました。
ウンチも少なくて済んでいたので助かりました。
今では健康そのものですが、たまのご褒美に与えています。
ゆでたお野菜と一緒に混ぜて与えたりすると、とても喜びます。

ジョンスさん50代 / 女性 / 秋田県

ジウピーク デイリードッグ・パウチ ベニソン&フィッシュ

我が家の犬は、食べることが大好きで肥満ぎみなので、余計なものが入っていないフードを探している時にみつけました。
通常と同じ量を与え、おやつは無しにして3ヶ月くらい経過した所です。
順調に痩せて、もう少しで標準体重になります!

マーさん20代 / 女性 / 福岡県

ジウピーク デイリードッグ・パウチ ラム

4才のトイプードルを飼っています。
生肉をあげていましたが、新鮮な生を与えるのは管理が大変です。
そこで見つけたのがジウピークでした。
肉類90%以上ってすごいですね。私が見たフードの中でダントツに肉の量が多く、しかも安心な品質で願ったり叶ったりです。
新鮮なお肉と同様、喜んで食べています。

里美さん30代 / 女性 / 東京都

ジウピーク デイリードッグ・パウチ ベニソン

切り替えの時に、えっこれだけ?と与える量が少なくなったので、一瞬で食べ終わります。
味気ない食事という感じになりますが、ほとんどが栄養として吸収されるので便も小さくなって扱いやすいです。

肉食系さん30代 / 女性 /愛知県

ジウピーク デイリードッグ・パウチ ベニソン

他のフードと比べてお値段が高いです。
デメリットはそこだけです。健康が手に入れられるなら安い物です(笑)
品質が良いだけでなく、パウチなので鮮度が保てて便利ですね。
旅行の時は、一番小さい容量の226gを持っていきます。
軽いし、与える量も少なくていいので、非常時にもいいですね。

チェリーさん40代 / 男性 / 静岡県

ジウィピーク デイリードッグ・缶 ベニソン&フィッシュ

白いトイプードルを飼っています。
昔から涙やけが消えずにいたのですが、友人の犬も改善したと言う事で、ジウピークに切り替えてみました。
半信半疑でしたが、すっかりキレイに消えて改善しました。

ダレカさん30代 / 男性 / 神奈川県

ジウィピーク グッドドッグ・トリーツ ビーフ

フードとして与えるには、お財布に厳しいので、おやつや特別なご褒美で与えてます。
見た目は、厚みの薄い柔らかめのビーフジャーキーって感じです。
初めて買ったときに、真夏だったので冷蔵庫で保存していたのですが、本当は常温保存じゃないといけなかったみたいでカビ生えちゃいました。もったいないことしましたよ!
今では、ちゃんと常温保存で与えています。

食いしん坊さん40代 / 女性 / 愛知県

ジウィピーク グッドドッグ・トリーツ ラム

毛艶や毛並みがあまり良くなく、何か良いフードが無いか探していました。
ジウィピークは高いのですが、とても良いと聞いて思い切って買ってみました。
鶏肉のアレルギーなので、ラムを買いました。結果、本当に良かったです。
なんのフードを試しても毛並みがつやがイマイチだっのが、与え始めて2週間くらいから少しずつパサパサだった毛が少し艶が出てきたようになってきました。
目ヤニもあったのですがそれも落ち着いて綺麗になりました。
高いだけの効果はあります!高いので☆は1つ少なめです。