このエントリーをはてなブックマークに追加

超小型犬・小型犬のフード選び方参考書

今では、マンションでもペットとの居住が可能なところが増えて、室内で飼える超小型犬や小型犬はとても人気です。
各メーカーブランドからは、超小型犬や小型犬用に向けにつくられたドッグフードが数多く販売されています。
飼育環境別や、アレルギー対策別、嗜好性別など、選択肢はとても豊富。
ですが、その選択肢の中から愛犬に合うフードを選ぶのは意外と一苦労です。
そこで、現在どんなフードがあるのか、超小型犬や小型犬用のフードの特徴などをご紹介します。

超小型犬・小型犬のフード選び ワンポイント

成犬時の標準体重は超小型犬で1〜4,5kg、小型犬で5,6kg〜10kgと言われています。
犬のサイズ別中でも、一番カロリーを必要とする超小型犬や小型犬の場合は、食いムラが多い傾向にあります。
まずフードとしては、食べてくれないと意味がありませんので、食いつきの良いフードを選びましょう。
また、特定の犬種別の特徴に合わせて栄養バランスを考慮してつくられたドッグフードを販売しているメーカーもあります。
ほとんどの犬種別用フードは、それどれの犬種の身体的特徴や、なりやすい病気などに配慮して作られています。
愛犬の健康上に特に問題がないのであれば、愛犬の犬種に当てはまる犬種別用フードを試してみる事をおすすめします。
なお、アゴの小さな超小型犬や小型犬は、歯周病などの口内の病気になるとアゴの骨にもすぐに悪影響が及んでしまいます。
なので、できるだけ粒(キブル)を噛み砕くように促すフードが良いでしょう。粒(キブル)を噛み砕くことで、歯垢をけずり落とす効果があります。

超小型犬・小型犬のフード選びのポイント!

・超小型犬・小型犬用のフードの中で食いつきの良いもの。
・愛犬の犬種に当てはまるフードがあれば、そちらを優先してみる。
・大き過ぎず小さ過ぎず、愛犬がしっかりと噛み砕いて食べるのに丁度いい大きさの粒であること。

まずは、犬の口に合うかどうかが大切です。
お店で試供品や少量のパッケージで食いつきを試してみてください。

超小型犬・小型犬のフードの特徴

■小型犬用フードのカロリーについて

ほとんどの超小型犬や小型犬用のドッグフードは、カロリーが高めに作られています。
これは、超小型犬から小型犬は、体の大きさに比べてどの大きさの犬よりも体重1kgあたりに対して必要なエネルギーが一番多いためです。通常の健康な成犬で、体重1kgに対して90〜100kcalは必要と言われています。
また、胃などの消化器官も小さいため、一回の食事量もたくさんは食べられません。
そのため、少ない食事で必要なエネルギーを確保するためにも、消化がよく吸収性に優れた、高カロリーのフードになっています。
今では、ほとんどの超小型犬や小型犬用は室内飼いが多いため、運動不足による肥満の問題もあります。これを考慮した、室内飼いの小型犬向けとして、カロリーを抑えたフードもあります。
子犬から成犬、老犬になるにつれ基礎代謝が落ちていくため、ライフステージ毎にフードのカロリーも低くなっていきますが、それでもどの大きさの犬よりもフードのカロリーは高めに作られているフードが多いようです。

■粒(キブル)の特徴

超小型犬や小型犬は口やアゴも小さいので、フードの粒(キブル)の大きさも、小さなアゴにあわせた噛み砕きやすい小粒なものが最適です。
いまでは、小型犬にも食べやすいように、粒(キブル)の大きさは、各ドッグフードメーカーによって様々な形で作られています。
楕円形の卵のような丸い形のものから、歯に引っかかり噛み砕きやすさを重視した複雑な形状のものまで様々なものがあります。
超小型犬や小型犬は、他のサイズの犬に比べて、歯垢や歯石による健康トラブルを起こしやすい犬種でもあります。
なので、できるだけ噛み砕いて食べるように工夫されたフードの方が、歯垢や歯石のトラブルはより少なくなるでしょう。
なお、歯石の蓄積を抑える形状や成分などが工夫のされたドッグフードも多く販売されていますので、その点も考えながら、愛犬に合ったフードを選択していくと良いでしょう。

■栄養素や原材料の特徴

超小型犬や小型犬は、体が小さいので他のサイズの犬に比べて水分摂取もそれほどしません。
そのため、水分の少なめの固めな糞便をすることが多いです。
また、健康的な整腸作用のサポートに配慮して、消化性のよい食物繊維を含むなどの工夫がされて作られていることが多いです。
さらに、超小型犬や小型犬には、食いムラの傾向が見られがちです。
必要なエネルギーを供給するためにも、嗜好性をあげるため原材料に生肉や鶏脂肪などで使用されています。
成犬用のフードで比べると、脂質は他の中型犬や大型犬のフードに比べて多いです。
なので、運動不足になるとすぐに肥満になってしまう危険性があります。
基本的には、脂質を控えめにし、良質のタンパク質を使用したフードであれば問題ないのですが、犬種によっては、脂質の減少が、かえって皮膚や被毛など、その他の健康に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。
肥満気味と感じたときには、獣医さんに診察してもらい、適切なフードを相談してみましょう。

超小型犬・小型犬ドックフード比較

超小型犬・小型犬用のドッグフードをブランド別に比較してます。子犬、成犬、老犬の各ライフステージ毎に特徴のある人気のラインナップをピックアップしてみました。

子犬・パピー用フード

超小型犬・小型犬の子犬と呼べる時期は生後2ヶ月から8〜10ヶ月と言われており、体を成犬の大きさに成長するスピードが他のどのサイズの犬よりも早い犬種です。
高栄養価で、かつ消化が良くより多くの栄養素とカロリーを吸収できるようになフードであることが特に要求されます。
また、超小型犬・小型犬は食ムラや好き嫌いの傾向が見られやすいです。
子犬のうちから嗜好の合うブランドを見つけておくと、成長してからもブランドを変更せずに簡単にフードを選べます。
食いムラや好き嫌いの多い傾向がある小型犬なだけに、子犬のうちから犬の好みをしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

子犬用の製品ラインナップ例

アカナ
パピー スモールブリード

『アカナ パピー スモールブリード』 は、高タンパク低炭水化物で、小型犬に必要な適度な脂質を加えることで、小型犬の自然な食事が再現されています。
米やトウモロコシといった穀類は使わず、低アレルギー性のオーツ麦を細かくカットしたものを穀類原材料に使用しています。
海藻とジュニパーベリーなどの草原植物で代謝をアップすることで、消化管を整えるようになっており、運動不足による肥満や便秘に悩みがちな小型犬の特徴に合わせたナチュラル系ドッグフードです。
比較的匂いの強いフードですが、犬にとっては匂いが強いフードこそ嗜好性に優れています。
低アレルギーな点もあることから、高めな価格にもかかわらずアカナ一筋という飼い主さんも多いようです。

実売価格

3,980円〜4,644円
(2.27kg)

原産国

カナダ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・32.0%以上
脂肪・・・21.0%以上
粗繊維・・・4%以下
水分・・・10%以下
カルシウム・・・1.6%以上
リン・・・1.1%以上
カルシウム:リンの比率・・・1.4:1

オメガ-6・・・2.5%以上
LA・・・2.3%以上
オメガ-3・・・0.9%以上
DHA・・・0.4%以上
EPA・・・0.4%以上
オメガ6:オメガ3の比率・・・2.8:1
グルコサミン・・・1400mg/kg以上

原材料
鶏肉ミール、スチールカットオーツ、鶏肉脂肪、骨抜き鶏肉、丸ごとジャガイモ、えんどう豆、全卵、骨抜きカレイ、日干しアルファルファ、鶏レバー、ニシン 油、えんどう豆繊維、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、 サツマイモ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、ニンジン、ホウレン草、クランベリー、ブルーベリー、昆布、チコリー根、ジュニパーベ リー、 アンジェリカルート、マリゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、ラベンダー、プレミアムビタミン類とミネラル類

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 3kg 5kg 7kg 9kg
給与量
(成犬時の
予想体重:
1〜5kg)
30g 40g
体重 1kg 2kg 3kg 5kg 7kg 9kg
給与量
(成犬時の
予想体重:
5〜7kg)
40g 80g 95g 80g
体重 1kg 2kg 3kg 5kg 7kg 9kg
給与量
(成犬時の
予想体重:
7〜9kg)
40g 80g 95g 125g 95g
体重 1kg 2kg 3kg 5kg 7kg 9kg
給与量
(成犬時の
予想体重:
9kg〜)
40g 80g 95g 125g 165g 125g

コスト

179/1

体重3kg 1日あたりの給与量が95gの場合

サイエンスダイエット
小型犬用 パピー

『サイエンスダイエット 小型犬用 パピー』 は、小型犬の免疫力に着目し、抗酸化成分ビタミンEの配合を強化したドッグフードです。
鶏肉・ターキー・米・果実・野菜などろ原材料にし、従来の商品に比べ嗜好性もアップしているようです。
粒(キブル)は、平たい円形の小粒で小型犬の子犬でも食べやすいように設計されています。
噛み砕きやすく、噛むことでの歯垢・歯石の予防ケアも考慮されているフードです。
近年リニューアルされ、より嗜好性をアップさせたことから、従来の製品よりも犬の食いつきのよさが期待できます。
コストパフォーマンスも高すぎずお手頃な価格と言えるのではないでしょうか。
多くのペット用品店やスーパーなどでも手に入りやすいことで人気のフードです。

実売価格

1,607円〜1,831円
(1.5kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

粗たんぱく質・・・25.5%以上
粗脂肪・・・17.0%以上
粗繊維・・・3%以下
粗灰分・・・8.0%以下
水分・・・10%以下

DHA・・・0.1%以上
ビタミンE・・・550IU/kg以上

原材料
トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、動物性油脂、チキンエキス、米、コーングルテン、ビートパルプ、魚油、亜麻仁、ポークエキス、トマト、 柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 0.5kg 1kg 1.5kg 2kg
給与量
(4~9ヶ月の場合)
35g 45g 65g 75g
体重 2.5kg 3kg 3.5kg 4kg
給与量
(4~9ヶ月の場合)
90g 105g 115g 130g
体重 0.5kg 1kg 1.5kg 2kg
給与量
(4~9ヶ月の場合)
140g 150g

コスト

122/1

体重3kg 1日あたりの給与量が105gの場合

ロイヤルカナン
エクストラスモール ジュニア

『ロイヤルカナン エクストラスモール ジュニア』は、犬と猫の健康を第一に考え、真に必要な栄養を提供できるフードをコンセプトにしているブランドです。
「エクストラスモール」は、超小型犬専用のドッグフードになります。
子犬の発育途上の消化器系を考慮した消化性の高いタンパク質を配合し、超小型犬の腸の健康維持に配慮し、様々な豊富な食物繊維を配合しています。
ロイヤルカナン独自のペットフード研究に基づき、犬の健康を全体的にも売らしサポートしているフードで、価格もお手頃です。
犬の嗜好性も良く、食いつきも良い事からファンの飼い主も多いようです。
ペット用品専門店などで販売されていることが多く、メジャーなブランドなので手に入りやすいブランドです。

実売価格

1,917円〜2,710円
(1.5kg)

原産国

フランス

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・29.0 %以上
脂質・・・18.0 %以上
水分・・・10.5 %以下
食物繊維・・・7.0 %

ビタミンA・・・23,000 IU/kg以上
ビタミンD3・・・1,000 IU/kg以上
ビタミンE・・・500 mg/kg以上

原材料
家禽* ミート、米、とうもろこし、動物性脂肪、植物性分離タンパク、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、オオバコ種皮・ 種子、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、 タウリン、L-チロシン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミ ン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、B2、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸 化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(2ヶ月齢の場合)
29g 63g 78g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(3ヶ月齢の場合)
32g 71g 88g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(4~5ヶ月の場合)
33g 75g 92g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(6ヶ月の場合)
28g 68g 84g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(7ヶ月の場合)
24g 61g 75g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(8ヶ月の場合)
23g 54g 66g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(9ヶ月の場合)
23g 53g 66g
体重 1kg 3kg 4kg
給与量
(10ヶ月の場合)
23g 53g 65g

コスト

115/1

体重3kg 1日あたりの給与量が75gの場合

ナチュラルチョイス
プレミアムチキン 子犬用 超小型犬~中型犬用 チキン&玄米

ニュートロ社製のナチュラルチョイスは、皮膚・被毛の健康と高吸収性に配慮し、厳選された素材で高い嗜好性をテーマに、全て自社の工場で生産されています。
健やかで美しい皮膚・被毛の健康維持のために、リノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛を配合されています。
『ナチュラルチョイス プレミアムチキン 子犬用 超小型犬~中型犬用 チキン&玄米』は、ニュートロ社の高い技術で作られた、芯までふやけやすい粒(キブル)設計で、離乳時の子犬にも食べやすく消化吸収しやすい点が特徴です。
ペット用品専門店などでの取り扱いがほとんどなのが難点ですが、コストパフォーマンスが思いのほかお得なので、素材にこだわる飼い主の方にはおすすめのフードです。
お試し用の小袋に入ったサンプルを配っている場合もあるので、お店に問い合わせてみるのもおすすめです。

実売価格

3,132円〜3,890円
(3kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・28.0%以上
脂質・・・18.0%以上
粗繊維・・・5.0%以下
水分・・・10%以下
灰分・・・10.0%以下

リノール酸・・・3.5%以上
亜鉛・・・250mg/kg以上
リン・・・0.9% 以上
カルシウム・・・1.0%以上
ビタミンE・・・400IU/kg 以上
DHA・・・0.1% 以上

原材料
チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、エンドウタンパク、鶏脂*、ビートパルプ、オートミール、タンパク加水分解物、フィッシュオイル*、米糠、ひま わり油*、大豆油*、マリーゴールドミール、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉 酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン、タウリン)、酸化 防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物 *ミックストコフェロールで保存

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重
(成犬時想定)
1kg 3kg 5kg 10kg 15kg 20kg 25kg
給与量
(1~3ヵ月齢)
15g-35g 35g-75g 50g-110g 85g-185g 115g-250g 140g-310g 140g-355g
体重
(成犬時想定)
1kg 3kg 5kg 10kg 15kg 20kg 25kg
給与量
(4~6ヵ月齢)
40g 80g 120g-125g 205g-210g 275g-285g 340g-350g 395g-415g
体重
(成犬時想定)
1kg 3kg 5kg 10kg 15kg 20kg 25kg
給与量
(9ヵ月齢)
210g 280g 350g 415g
体重
(成犬時想定)
1kg 3kg 5kg 10kg 15kg 20kg 25kg
給与量
(12ヵ月齢)
405g

コスト

87/1

体重3kg 1日あたりの給与量が75gの場合

成犬・アダルト用フード

超小型犬・小型犬の成犬期は生後11ヵ月〜8歳までと、どのサイズの犬よりも成犬の時期が長い犬種です。
子犬のときほどではありませんが、成犬の時期も栄養素と多くのカロリーを必要とします。
消化器官も発達しているので、食べ過ぎによる肥満には注意が必要です。
特に室内犬は、運動不足による肥満や便秘などのトラブル予防のためにも、毎日の運動量も考慮したフード選びをおすすめします。
また、様々な健康サポートをしてくれるフードがありますが、滑りやすいフローリングの室内で暮らしている犬は、滑りやすく、脚の関節に負担がかかりやすいため、関節の健康サポートもしいるフードを選ぶと良いかもしれません。
超小型犬・小型犬の長い成犬期の健康維持を考慮し、個々のワンちゃんの好みと特性に合ったフードがおすすめです。
できるだけ、子犬の頃から親しんでいるブランドの中で成犬用に切り替える方が簡単ですが、同じタンパク質を摂取し続ける事で起きるとされる食物アレルギー対策のために、フードを数ヶ月単位で定期的に切り替える「フードローテーション」も視野に入れて選んでいる飼い主さんもいます。

成犬用の製品ラインナップ例

プロプラン ドッグ
今の健康を維持 1~6歳 小型犬成犬用 チキン

プロプランは、愛犬、愛猫の長生きで健康な生活の為に開発され、アメリカで販売が始まったペットフードです。
『プロプラン ドッグ 今の健康を維持 1~6歳 小型犬成犬用 チキン 』は、良質の動物性タンパク質と海洋性タンパク質を使用し、小型犬の骨や筋肉はもちろん、関節、歯の健康も全体的にサポートしてます。
“小麦アリューロン”という小麦の皮と粒の間にある成分が含まれており、この成分が腸内の善玉菌の働きをサポートすることで糞便の臭いの軽減を助けます。ただし、“小麦アリューロン”は小麦由来の成分なので、小麦アレルギーの犬には与えない方が良いでしょう。
嗜好性にも優れていて、とても食いつきが良いと評判で、食欲のない夏の時期でも比較的食の進むフードということでも人気です。
大手のペットショップや、大型のペット用品店などでお手頃な価格で手に入ります。

実売価格

3,580円〜3,773円
(3kg)

原産国

フランス

保証分析値/栄養添加物

粗たん白質・・・29 %以上
粗脂肪・・・17 %以上
粗繊維・・・3 %以上
粗灰分・・・8.5 %以上

オメガ-6・・・2.0 %
オメガ-3・・・0.1 %
カルシウム・・・1.0 %
ナトリウム・・・0.3 %
ビタミンA・・・15,000 IU/kg
ビタミンE・・・460 IU/kg

原材料
チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール、とうもろこし、油脂類(牛脂、植物性油脂)、シリアルブラン、フィッシュミール、たんぱく加水分解物、小 麦アリューロン、卵、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、 D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェ ロール)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg
給与量 30g 45g 60g 75g 90g 100g 115g

コスト

126/1

体重6kg 1日あたりの給与量が100gの場合

アイムス
小型犬専用 体重8kg以下 成犬用(1歳~6歳) チキン

アイムスは、犬や猫の行動や食事に要求される基準や、最先端の栄養学に基づいて作られているドッグフードです。
比較的メジャーなブランドの1つと言えるでしょう。
『アイムス 小型犬専用 体重8kg以下 成犬用(1歳~6歳) チキン』は、筋肉を維持するための良質なタンパク質を取り入れ、必要な栄養素は十分確保しつつ、運動不足になりがちな室内小型犬も考慮され、小型犬の成犬用にしてはカロリーは若干控えめです。
一見不揃いのように見える粒(キブル)ですが、噛み砕くことで歯の歯垢・歯石の定着を軽減するように工夫されています。
アイムスの魅力は、栄養バランスの取れたフードでありながら、コストパフォーマンスがとてもお得で、大手のスーパーなどでも手に入りやすいフードである点です。
長年アイムスを使用しているというファンの飼い主さんも多いようです。

実売価格

1,930円〜2,080円
(2.2kg)

原産国

アメリカ / オランダ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・27.0%以上
脂質・・・17.0%以上
粗繊維・・・4.0%以下
灰分・・・10.1%以下
水分・・・10.0%以下

オメガ-6・・・1.6%以上
オメガ-3・・・0.16%以上

原材料
家禽類(チキン、ターキー、他)、トウモロコシ粉、粗びきコムギ、動物性油脂、粗びきグレインソルガム、乾燥ビートパルプ、粗びきオオムギ、鶏エキス、乾 燥卵、発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、食塩、ビタミン類(E、C、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B1、B12、ナイアシン、B2、 イノシトール、B6、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、ヘキサメタリン酸ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マ ンガン、硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 4kg 6kg 8kg 10kg
給与量 15g-30g 40g-55g 55g-70g 85g-95g 95g-110g 110g-125g

コスト

87/1

体重6kg 1日あたりの給与量が95gの場合

シュプレモ
小型犬用 成犬用

ニュートロ社製のシュプレモは、厳選された素材で高い嗜好性をテーマに、全て自社の工場で生産されています。
『シュプレモ 小型犬用 成犬用』は、良質なタンパク質としてチキン、カルニチンを豊富に含むラム、DHA・EPAに富むサーモンを組み合わせ、引き締まった筋肉や健康維持に配慮されています。
カルニチンは、脂肪代謝を促進するために有効なビタミンに類似した化合物で、カルニチンを含むラムは小型犬の運動不足による肥満対策に、有効的なタンパク質です。
また、数種類の野菜や果物に含まれる抗酸化成分により、成犬から老犬への身体の変化を緩やかに保つように配慮されています。
ただし、粗挽きした米と、ビタミンやアミノ酸の補給のために米ぬかが使われているので、お米由来のものなのでアレルギーの犬にはおすすめできません。
動物性タンパク質と海洋性タンパク質を組み合わせ、皮膚や被毛の健康への配慮もされています。
大手のスーパーのペットフードコーナーや、ペットショップでお手頃な価格で手に入ります。
嗜好性も優れているので、食いムラの激しい小型犬の場合に試してみてはいかがでしょうか。
お試し用の小袋に入ったサンプルを配っている場合もあるので、お店に問い合わせてみるのもおすすめです。

実売価格

3,488円〜4,103円
(3kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・26.0%以上
脂質・・・15.0%以上
粗繊維・・・4.0%以下
灰分・・・9.0%以下
水分・・・10.0%以下
リジン・・・1.0%以上
亜鉛・・・250mg/kg以上

オメガ-3・・・0.3%以上
オメガ-6・・・3.6%以上
ビタミンE・・・400IU/kg以上
β-カロテン・・・0.5mg/kg以上
コンドロイチン・・・300mg/kg以上
グルコサミン・・・200mg/kg以上

原材料
チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、 鶏脂*、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ビートパルプ、オーツ麦、ひまわり油*、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クラン ベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン 酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化 防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物  *ミックストコフェロールで保存

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg
給与量 30g 45g 60g 75g 90g 105g 115g

コスト

115/1

体重5kg 1日あたりの給与量が90gの場合

アボ・ダーム
スモールブリード アダルト 小型犬種用 成犬用

アボ・ダームシリーズは、原材料にアボカドオイルを配合しており、アボカドに含まれる豊富なビタミン、ミネラルを存分に補給できるドッグフードです。
『アボ・ダーム スモールブリード アダルト 小型犬種用 成犬用』は、小型犬の成犬用にしてはカロリーは若干控えめなフードなので、室内犬の運動不足による肥満気味の場合にもおすすめです。
また、適度な発酵性を持つ食物繊維(ビートパルプ)が配合されており、腸内健康をサポートし適度な硬さの健康に便にします。
フードの粒(キブル)は、小型犬でもしっかりと噛み砕きやすいように平たい角丸の三角形になっています。
価格は若干高めといった感じですが、アボカド成分による皮膚と被毛の健康維持も維持できるので、長毛種や皮膚や毛艶に悩みのある犬にもおすすめです。
購入の際は、ペットショップや大手のペット用品を扱うスーパーなどで入手が可能です。
お試し用の小袋に入ったサンプルを配っている場合もあるので、お店に問い合わせてみるのもおすすめです。

実売価格

2,990円〜3,691円
(2.2kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

粗たん白質・・・26.0%以上
粗脂肪・・・15.0%以上
粗繊維・・・4.0%以下

水分・・・10.0%以下
粗灰分・・・9.0%以下

原材料
チキンミール、玄米、米粉、オートミール、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、米糠、トマトミール。乾燥ビートパルプ、ナチュラルフレーバー、乾燥全卵、亜麻仁、アルファルファミール、乾燥チコリー根、アボカドミール、アボカドオイル、塩、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、アミノ酸鉄キレート、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、ユッカエキス、レシチン、ローズマリーエキス、セージエキス、ブロメライン、パパイン、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス、オリゼー発酵抽出物

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1-3kg 3-5kg 5-7kg 7-9kg 9-11kg
給与量 42-67g 67-92g 92-117g 117-142g 142-167g

コスト

145/1

体重5kg 1日あたりの給与量が92gの場合

高齢犬・シニア用フード

超小型犬・小型犬の老犬期は7、8歳頃から徐々に始まるとされています。
加齢に伴い、成犬のときほど運動しなくなったり、食事の量が減るといった状態になりやすくなります。
また、消化器官も少しずつ衰えてくるため、必要な栄養とエネルギーを供給できる高消化で高吸収なフードにする必要があります。
なお、成犬時より運動量が減ってくるため、肥満になる傾向が高まります。
フードは成犬の頃より脂質の若干控えめにしたもので、かつ高タンパクでこれまでの筋肉維持もサポートするようなフードがおすすめです。
また、食欲にムラの出やすい超小型犬・小型犬なので、老犬になってからも食欲を維持するために、愛犬の嗜好と相性の良いフードを選ぶように心がけると良いでしょう。

高齢犬用の製品ラインナップ例

ユーカヌバ
7歳~10歳用 シニア 小型犬種(超小粒)

ユーカヌバは、使用する原材料は人間の食品と同じ検査方法で品質検査を行い、常に高レベルな品質を保っています。
『ユーカヌバ 7歳~10歳用 シニア 小型犬種(小粒)』は、歯にフィットしたユニークなS字型の粒(キブル)デザインで、しっかりと噛み砕くことにより、超小型犬や小型犬に多い歯垢・歯石によるトラブルの軽減をサポートします。
筋肉の維持に必要な良質で消化性と吸収性の高いタンパク質で、脂質も控えめにされたバランスの取れたフードと言えます。
老化の原因と言える活性酸素の発生を抑える、ビタミンE、ベータカロテンのような抗酸化栄養素を配合したバランスのとれた栄養で、愛犬の免疫力維持を栄養学的にサポートをします。
何より、バランスの取れたフードでありながらコストパフォーマンスが安価なので、愛犬の健康と価格を気にされる飼い主さんにはおすすめです。

実売価格

3,632円〜4,298円
(2.7kg)

原産国

オランダ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・28.0 %以上
脂質・・・16.0 %以上
粗繊維・・・4.0%以下
粗灰分・・・10.0%以下
水分・・・10%以下

オメガ-6・・・1.95%以上
オメガ-3・・・0.26%以上
ビタミンE・・・140IU/kg以上
グルコサミン・・・375mg/kg以上
コンドロイチン硫酸・・・35mg/kg以上
L-カルニチン・・・40mg/kg以上

原材料
家禽類(チキン、ターキー、他)、トウモロコシ粉、粗びきコムギ、動物性油脂、粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、乾燥ビートパルプ、鶏エキス、乾燥卵、発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、フィッシュオイル、亜麻仁、ビタミン類(E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B12、B1、ナイアシン、B2、B6、イノシトール、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、ヘキサメタリン酸ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 4kg 6kg 8kg 10kg
給与量 25-30g 40-50g 65-75g 90-100g 105-120g 125-140g

コスト

110/1

体重4kg 1日あたりの給与量が75gの場合

ナチュラルチョイス
プロテインシリーズ ラム&玄米 超小型犬~小型犬用 シニア犬用

ニュートロ社製のシュプレモは、厳選された素材で高い嗜好性をテーマに、全て自社の工場で生産されています。
『ナチュラルチョイス プロテインシリーズ ラム&玄米 超小型犬~小型犬用 シニア犬用』には、原材料に肝機能の働きをサポートするビタミンB群と新陳代謝を高める亜鉛を豊富に含む良質なラム肉を使用しています。
ラム肉は、生肉を使うことで、よりフードの香りと風味を高めることで、嗜好性をアップさせています。
ラムは、比較的アレルギーになりにくいタンパク質なので、愛犬のお肉へのアレルギーが心配な飼い主さんにはおすすめです。
また、皮膚の新陳代謝が落ちてきている老犬に合わせ、リノール酸を豊富に含むひまわり油や亜鉛を配合し、皮膚・被毛の健康維持をサポートしてくれます。
ただし、粗挽きした米と、ビタミンやアミノ酸の補給のために米ぬかが使われているので、お米由来のものなのでアレルギーの犬にはおすすめできません。
大手のスーパーのペットフードコーナーや、ペットショップでお手頃な価格で手に入ります。
コストパフォーマンスも良く、嗜好性も優れているので、食欲の落ちてきている愛犬にお悩みの場合は試してみてはいかがでしょうか。
お試し用の小袋に入ったサンプルを配っている場合もあるので、お店に問い合わせてみるのもおすすめです。

実売価格

3,335円〜4,104円
(3kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・23.0% 以上
脂質・・・13.0% 以上
粗繊維・・・4.0%以下
灰分・・・10.1%以下
水分・・・10.0%以下
リノール酸・・・3.5% 以上
亜鉛・・・250mg/kg 以上

ビタミンE・・・250 IU/kg 以上
ビタミンC・・・50mg/kg 以上
グルコサミン・・・150mg/kg 以上
コンドロイチン・・・350mg/kg 以上

原材料
ラム生肉、乾燥ラム肉、玄米、粗挽き米、米糠、オートミール、エンドウタンパク、ビートパルプ、タンパク加水分解物、鶏脂*、ひまわり油*、大豆油*、フィッシュオイル*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、 E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、 アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物 *ミックストコフェロールで保存

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg
給与量 25g 40g 55g 65g 75g 85g 95g

コスト

92/1

体重5kg 1日あたりの給与量が75gの場合

サイエンスダイエット
シニア 小型犬用 高齢犬用

『サイエンスダイエット シニア 小型犬用 高齢犬用』 は、小型犬の免疫力に着目し、抗酸化成分ビタミンEの配合を強化したドッグフードです。
高消化で高吸収な素材を使用しているので、消化機能が落ちてきた老犬には、消化に負担もかかりません。
老犬用は、小型犬の成犬用フードに比べて、ナトリウムとリンの含有量が調整され、高齢期の小型犬の腎臓と心臓の健康にも配慮されています。
また、関節の健康維持に欠かせない、グルコサミンやコンドロイチンも強化されているので、老犬になっても比較的良く運動する犬でも安心できるのではないでしょうか。
近年リニューアルされ、より嗜好性をアップさせたことから、従来の製品よりも犬の食いつきのよさが期待できます。
コストパフォーマンスも高すぎずお手頃な価格と言えるのではないでしょうか。
多くのペット用品店やスーパーなどでも手に入りやすいことで人気のフードです。

実売価格

3,024円〜3,759円
(3kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

粗たん白質・・・16.5%以上
粗脂肪・・・12.0%以上
粗繊維・・・3.5%以下
粗灰分・・・6.5%以下
水分・・・10.0%以下

グルコサミン・・・200mg/kg以上
コンドロイチン硫酸・・・300mg/kg以上
ビタミンE・・・550IU/kg以上

原材料
トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、米、玄米、大麦、オート麦、動物性油脂、チキンエキス、ビートパルプ、植物性油脂、ポークエキス、亜麻 仁、小麦ブラン、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、カルニチン、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜 鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C 、D3、E 、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 7kg 10kg
給与量 30g 45g 60g 75g 90g 115g 150g

コスト

102/1

体重5kg 1日あたりの給与量が90gの場合

アイムス
7歳以上 ラム&ライス 小粒

アイムスは、犬や猫の行動や食事に要求される基準や、最先端の栄養学に基づいて作られているドッグフードです。
比較的メジャーなブランドの1つと言えるでしょう。
『アイムス 7歳以上 ラム&ライス 小粒』は、同じくアイムスの小型犬の成犬用フードに比べてよりカロリーを控え見に抑えていますが、健康な筋肉の維持に必要なタンパク質が強化されています。
老化により運動量が減ったり新陳代謝も落ちてくるため、L-カルニチンがプラスされ代謝を促すように工夫されています。
アイムスの魅力は、一定の信頼感と、栄養バランスの取れたフードでありながら、コストパフォーマンスがとてもお得な事です。
また、大手のスーパーなどでも手に入りやすいフードである点も多くのファンを持ちつづけている理由でしょう。
どのフードに比べても手に入りやす安いことから、長年アイムスを使用しているというファンの飼い主さんも多いようです。

実売価格

1,166円〜1,346円
(1.8kg)

原産国

アメリカ / オランダ

保証分析値/栄養添加物

たん白質・・・28.0%以上
脂質・・・15.0%以上、17.5%以下
粗繊維・・・4.0%以下
灰分・・・10.3%以下
水分・・・10.0%以下

ビタミンE・・・140IU/kg以上
L-カルニチン・・・40mg/kg以上
オメガ-6・・・1.5%以上
オメガ-3・・・0.15%以上

原材料
家禽類(チキン、ターキー、他)、トウモロコシ粉、粗びきコムギ、動物性油脂、粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、乾燥ビートパルプ、乾燥卵、鶏エ キス、発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、L-カルニチン、食塩、ビタミン類(E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、 B12、B1、ナイアシン、B2、イノシトール、B6、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、ヘキサメタリン酸ナトリウム、炭酸カルシウ ム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

給与量/1日(普通の運動量の場合)

体重 1kg 2kg 4kg 6kg 8kg 10kg
給与量 15g-30g 40g-55g 55g-70g 85g-95g 95g-110g 110g-125g

コスト

48/1

体重4kg 1日あたりの給与量が70gの場合