このエントリーをはてなブックマークに追加

アボ・ダーム

「ギネスが認めた世界一栄養価の高い果物『アボカドの力』で愛犬の健康で美しい皮膚・被毛を維持します」

※メーカー公式サイトより

製造元
ブリーダーズチョイス社(アメリカ)

http://www.avodermnatural.com/

日本総輸入元/販売元
Biペットランド

http://www.bi-petland.co.jp/product/06.html

原産国
アメリカ

ブランド・製品説明

アボ・ダームシリーズは、原材料にアボカドオイルを配合しており、アボカドに含まれる豊富なビタミン、ミネラルを存分に補給できるペットフードです。
アボカドに含まれる豊富なビタミンとミネラルは、愛犬や愛猫の皮膚や被毛の健康維持、基礎抵抗力のアップに大きく貢献します。
また、アボカドは「森のバター」とも呼ばれており、豊富な不飽和脂肪酸をその実の中にたっぷりと含んでいます。
この不飽和脂肪酸は血中コレステロールを増やさない効果があるため、ダイエットや体重維持にも大きく役立ちます。
また、年齢別、用途別、食物アレルギー対応と、愛犬、愛猫の状態に合ったペットフードを、簡単にお選び頂ける製品を揃えています。作り方にもこだわりを持っており、オーブンでゆっくりと時間をかけて焼き上げる「オーブンベイクド製法」により、アボカドをはじめとする原材料の豊富な栄養素が、粒の中に凝縮され、一粒一粒の栄養価が高くなります。
また、時間を掛けて焼きあげることで、無駄な脂分が取り除かれ、表面がサラッと仕上がっています。

アボ・ダーム商品一例

ブランドの特徴

■アボカドの力を

アボ・ダームシリーズは、アボカドオイルを原材料に使用しております。
アボカドは非常に高い栄養価を持つ事から、世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定されています。
アボカドに含まれる豊富な栄養素の一部であるビタミンやミネラルは、愛犬、愛猫の皮膚や被毛の健康維持、基礎抵抗力アップに大きく役立ちます。

・美しい皮膚と毛並
アボカドオイルは、浸透性、保湿性に優れており、パサつきがちな被毛に潤いとツヤを与えます。また、高い保湿性から皮膚を乾燥から守り、フケ、肌荒れを軽減します。

・生活習慣病の予防
アボカドに含まれる脂肪は「不飽和脂肪酸」というもので、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを抑制します。
血中の悪玉コレステロールを下げることで、脂肪組織に溜まることを防ぐことができ、肥満や動脈硬化といった、生活習慣病を防ぐ効果が期待できます。

・高い抗酸化作用
アボカドには11種類のビタミン、14種類のミネラルを含み、天然のマルチサプリメントとも言える果物です。
豊富に含まれるビタミン郡には、生活習慣病や老化の原因となる「活性酸素」を抑制する抗酸化作用があります。

・かゆみを抑える
浴び過度に含まれる亜鉛は「特殊亜鉛」と呼ばれるもので、他の植物に含まれている亜鉛と違い、体内での酸化率が低く、消炎効果の持続性が非常に高くなります。
これにより、皮膚のかゆみの緩和に大きく役立ちます。

■ギネスに認められた栄養価

・森のバター

 

エネルギー

kcal

水分

%

タンパク質

g

脂質

g

糖質

g

繊維

g

灰分

g

アボカド

191

70.1

2.5

18.7

5.2

2.1

1.4

ミカン

44

87.5

0.8

0.1

10.9

0.3

0.4

カキ

60

83.1

0.4

0.2

15.5

0.4

0.4

ナシ

40

88.6

0.3

0.1

10.1

0.6

0.3

バナナ

87

75.0

1.1

0.1

22.6

0.3

0.9

 

この表の通りアボカドは他の果物と比べ、非常に栄養価が高く、11種類のビタミン、14種類のミネラルを含んでいます。

この高い栄養価が、森のバターと呼ばれる所以です。

・不飽和脂肪酸
アボカドの脂質量は豚ひき肉とほぼおなじ量です。
ただし、脂肪酸の種類が大きく異なり、豚ひき肉の脂肪酸は「飽和脂肪酸」と呼ばれる、血中コレステロールの増加や、脂肪組織にたまりやすく肥満や動脈硬化といった生活習慣病のリスクを高めるものです。
一方、アボカドに含まれる脂肪酸は「不飽和脂肪酸」と呼ばれるもので、血中の悪玉コレステロールを下げ、肥満や動脈硬化といった生活習慣病を防ぐ効果が高いと言われています。

・ビタミンE
アボカドには、ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEには高い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで動脈硬化の予防、血行促進作用、皮膚の新陳代謝を高める効果を持つことが知られています。
動脈硬化などの生活習慣病の予防、血行促進や皮膚の新陳代謝アップからの美肌効果と、いつまでも若く健康でいるために必須となるビタミンです。

・特殊亜鉛
亜鉛という成分は免疫機能に大変重要なミネラルで、新陳代謝の活発化、高い抗酸化作用、皮膚や骨の健康に大きな効果があることから、人間用としても注目を浴びています。
アボカドに含まれる亜鉛は「特殊亜鉛」と呼ばれ、他の植物に含まれている亜鉛と違い、体内での酸化率が低く、消炎効果の持続性がとても高くなります。

・食物繊維
アボカドには、食物繊維も豊富に含まれています。(100gあたり5.3g)
食物繊維を豊富に含むことで、腸内環境を整え、体内の有害物質を吸着して排出させます。

・コエンザイムQ10
人間用の化粧品やサプリメントでも広く知られている「コエンザイムQ10」。
アボカドにはこれも含まれています。
コエンザイムQ10には、活性酸素の攻撃を防ぐことで老化促進を抑制する働きが有ります。
また、活性酸素を抑えることで免疫力を高める効果も有ります。

■オープンベイクド製法

アボ・ダーム「オリジナル」は、「オーブンベイクド製法」という独創的な製法で作られています。
オーブンベイクド製法とは、一般的なドッグフードに比べて、時間と手間を掛けてゆっくりとオーブンで焼き上げる製法です。
じっくりと焼きあげることで、素材の持つ栄養素が壊れにくく、小さな粒の中に凝縮されるため、少ない量でも多くの栄養素を吸収できるという特徴があります。
また、時間を掛けて焼きあげるため、表面がサラリと仕上がっており、カリッと香ばしく、嗜好性に大変優れています。
※オーブンベイクド製法は、アボ・ダームオリジナルのみです

コストパフォーマンス

厳選された原材料の使用、こだわった製法で作られているため、1日の給与コストは、やや割高です。
※給与コストは製品の種類、ワンちゃんの体調、与える量によって異なります

アボ・ダーム ドッグフード徹底比較

アボ・ダームは、主成分にアボカドを使用し、アレルギー配慮がされているドッグフードです。
アボカドの豊富なビタミンとミネラルが皮膚や被毛の健康を保つ効果があるため、皮膚や被毛のトラブルに悩むワンちゃんにオススメのドッグフードです。
もちろん、科学的酸化防止剤、合成着色料といった添加物を使用していない、無添加であることも魅力の一つです。

皮膚、被毛、アレルギーに配慮されたドッグフードのため、乾燥から来る肌荒れやフケ、皮膚炎症からくるかゆみ、涙やけが改善されたという飼い主さんの声を多く聞きます。
このような症状に悩まれている飼い主さんは、一度試してみてはいかがでしょうか。

キブル(粒)の形には従来の丸形や三角型がありますが、アボ・ダームの「オリジナル」は独特な特徴があります。
アボ・ダームの「オリジナル」は、フードを大きな板状にしてからオーブンで焼き上げ、焼き上がったフードをそのまま砕いています。
ある程度、砕いてから小粒と中粒に選り分けます。
粒の形が不揃いになることで、噛み砕くことを促し、歯の歯垢や歯石を削り落とす効果があります。さらに、消化と食後の満足感をサポートすえう効果も期待できます。

アボ・ダーム

御存知の通り、アボカドは森のバターと呼ばれている通り、脂肪分が多く含まれています。
アボカドに含まれている脂肪酸は「不飽和脂肪酸」という種類で、血中コレステロールを増やさない効果があることが知られています。
ですので、肥満気味のワンちゃんにもオススメできるドッグフードです。

アボ・ダームの原材料には、食物繊維として使われているアルファルファミール(マメ科の多年生牧草の粉末)と海藻(昆布)を含む商品のラインナップが多くあります。
アルファルファはビタミンとミネラルが豊富で、海藻は水溶性食物繊維にもなり腸内環境の健康サポートに役立ちます。
健康な皮膚と美しい毛艶の維持は腸内環境に影響される部分があります。
アボ・ダームはその腸内の健康維持にも着目し、皮膚と被毛の健康維持に配慮されているフードといえるでしょう。

気になる点としては、食物繊維が多く含まれているため、ワンちゃんによってはアボ・ダームに切り替えると便のい量が多くなり、場合によって柔らかくなってしまうことがあるようです。
お腹の敏感なワンちゃんに与える場合、これまでに与えていたフードに少しずつアボ・ダームを混ぜながら与え、慣らしていくようにしましょう。

アボ・ダーム成犬用フード

アボ・ダーム オリジナル(中粒)全成長段階

実売価格

3,579円~4,009円
(2.4kg)

原産国

アメリカ

保証分析値/栄養添加物

粗タンパク質・・・20.0%以上
粗脂肪・・・8.0%以上
粗繊維・・・4.0%以下
水分・・・10.0%以下
粗灰分・・・6.1%以下

原材料
全粒小麦粉、ビーフミール、米粉、亜麻仁、アボカドミール、鶏脂肪、トマト繊維、アルファルファミール、ナチュラルフレーバー、塩、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、アボカドオイル、ニシン粉、レシチン、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物

給与量/1日

体重 1-5kg 5-9kg 9-14kg 14-18kg
給与量 44-96g 96-148g 148-214g 214-266g
体重 18-27kg 27-36kg 36-46kg
給与量 266-384g 384-501g 501-632g

コスト

237/1

体重5kg 1日あたりの給与量が148gの場合

アボ・ダーム ドックフード利用者レビュー

ご利用された方から送られた、商品レビューです。

※個人的な感想のため、個体差があります。

キャサリンさん30代 / 女性 / 神奈川県

アボ・ダーム オリジナル(小粒)

マルチーズの白なので、涙やけが気になっています。
調べるとエサに油分が多いのも原因のひとつのようでしたので、アボダームに切り替えてみました。まだ効果が分りません。
前のエサと比べて匂いが少ないのは良かったですが、あまり食べないので、ササミなどを混ぜて食べさせています。

シンタロウさん50代 / 男性 / 三重県

アボ・ダーム シニア 老犬用

生まれつき弱い身体でしたが、今年12歳になりました。おじいちゃんですね。
フードをふやかしてから、時間をかけて食べてくれます。
あまり食べれない日は、サプリなどで栄養を補ってあげていますよ。
昔とは違って、今は沢山の種類の老犬食があるので、色々と試してみようと思います。

kaoさん20代 / 女性 / 兵庫県

アボ・ダーム リボルビングメニュー ダックレシピ

成犬になってからずっとアボダームのオリジナルを買っていました。
食いつきはいまいちと聞いたのですがうちの子は何でもOKなのか問題ありませんでした。
最近になって、食が進まなくなったような気がしたので、フードを変えてみることにしてリボルビングメニューのダックを与えてみました。
また食欲も元通りに回復したので、今ではそのままダックをあげてます。
ゴールデンとラブラドールを飼っていますが、どちらも毛並みや皮膚もツヤツヤでとても健康です!
成犬から老犬にも与えられるというので、このまま年をとっても続けたいフードです!

ちょこっとさん30代 / 女性 / 東京都

アボ・ダーム スモールブリード アダルト 小型犬種用 成犬用

仔犬の頃に与えていたフードが合わなかったのか、大きくなるにつれてだんだんと毛がパサパサになってしまっていました。
獣医さんからアボダームを紹介されて試してみたのですが、それから毛並みが見る見るうちに回復しました!
我が家では定番のフードです!

ハモチさん20代 / 女性 / 東京都

アボ・ダーム プラス 成犬用

うちの子はロングヘアーダックスですが、きれいな毛並みを維持したいと思って色々試した結果アボダームにしました。
いまいちな感想を良く聞くのですが、うちの子はがっついて食べてくれます。
カリカリと美味しそうに食べてます。

リッキーさん40代 / 女性 / 京都府

アボ・ダーム シニア 老犬用

10歳を超えてから毛並みが一段と悪くなってきました。
高齢なので仕方ないのですが、アボダームを奨められて3ヶ月ほど試しています。
毛並みは良くなったのですが、与えた分をしっかりと食べてはくれるのですが、今までのフードに比べてあまり食が進まないのか、食べる速度がちょっとゆっくりです。
未だに味になれていないのか、好みの味ではないのか?
どちらにせよ、毛並みが回復したことにはとても満足しているので、アボダームさんの別の老犬にあったものを今度試してみようと思います。